タクシードライバーになる|事務の業務|未経験から始める貿易事務のお仕事

事務の業務|未経験から始める貿易事務のお仕事

タクシードライバーになる

タクシー乗り場

タクシードライバーは、自由に働ける職業です。一日のノルマをこなしたあとは、もっとインセンティブを得るためにガンガン走り回っても良いですし、体調が思わしくなかったりのんびりしたいときはどこかでゆっくり走っていても問題ない職業です。そのため、タクシードライバーによって給料に差が出ることは多く、多い人だとサラリーマンの倍以上の年収になることもあります。
そんなタクシードライバーになるには、第二種運転免許が必要です。第二種運転免許とは従来の運転免許よりも基準が厳しい免許証であり、人を乗せて運べる技量があることを証明するための免許です。そのため、免許の取得は第一種よりも少々難しくなっています。タクシー会社によってはこの免許は研修で取ることができるので、採用後教習所に通うことになる場合もあります。しかし、事前に免許を取得しておくことで、未経験者でも採用されやすくなるので、場合によっては事前に取得しておくのも有効かもしれません。なお、採用基準に第二種運転免許の所持が書かれていない場合、結構な確率で研修で取得することができます。
タクシードライバーの求人は、求人雑誌や求人サイトのほか、タクシーに乗った時に求人のチラシが貼られている場合があります。このチラシを元に応募し、面接を受け、採用されれば晴れてタクシードライバーになることができます。なお、10年以上無事故無違反だった場合、個人タクシーとして開業することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加